Toggle

やるべきこと

起業しよう!!と思ったら、考えるべき3つのこと|パート②

起業しよう!!と思ったら、考えるべき3つのこと|パート②

前回はビジネスモデルについて書きました。

今回は【自分より優秀かつ無給でも働いてくれる仲間】
についての考えを書き出していきます。

目次として、
1、優秀の意味
2、仲間の作り方
3、相手の環境

まず疑問が浮かぶと思います、、、
「そもそも自分より優秀な人なんだから、
優秀な人が自分についてくる訳ないじゃん!」
とあなたは感じるかも知れませんね。

では【優秀の意味】を考えましょう。
まず「優秀とはなにか?」

それは「〇〇に関しては〇〇さんの方が優秀」
というのが私の解釈です。

そもそも全知全能の神、いや全知全能の社長ってのは基本的にいません。

得意分野ってのは多分、
営業、経理、マーケティング(戦略)、ビジネスアイデア作成、
デザイン、ITシステム関連、アプリ開発、接客、技術者、他・・・
数えあげたらキリがありません。

例えば、営業が強い社長がひとりで奮闘しても、
ITシステムの設定、資料のチラシ制作、経理、
全部ひとりでやるのは不可能です。(質が落ちてもいいならできる)

ですから、各分野で自分より優秀な人を仲間に加えるのです。

【仲間の作り方】
もちろん、創業時に是非仲間へ加えておきたいので、
会社を設立する前から、その人を探し、食事に誘い、お酒を飲み、相手の趣味を一緒に行い、
ビジネスモデルとその相手がいかに重要か?を熱く語り、積極的に準備しましょう。

設立時から〇ヶ月は無給でやってくれる人が一番いいですが、
なかなか無給でやってくれる人はいないので、今からある程度資金は貯めておきましょう。

そして重要なのが【相手の環境】です。
1、誠実さ
2、野心の有無
3、行動の速さ
4、独身か既婚か

誠実さはもちろんのこと、野心というのは、
「自由にやりたいことをすぐ実行したい!」
っていう人です。

こういう方は何も言わなくても勝手に必要なことをやっていてくれます。

行動の速さに関しては、言われたことをすぐやる、
そして言われてないけど、社長がやろうとすることを先にやってくれる、
もしくは、やりたいことの下準備をすでにしている人が最高ですね。

独身か既婚に関しては、なるべく独身の方がいいかと思います。
「失敗のことは考えるな!」という方もいらっしゃるとは思いますが、
万が一失敗した時のことも考えると既婚者の方はなるべく誘わない方がいいと思います。

下準備は抜かりなく、誠実に優秀な方を仲間にし、
自分の夢を叶える確率を引き上げましょう。

The following two tabs change content below.
佐藤 光
株式会社セブンプラス取締役 佐藤 光(さとう ひかる)          職歴:クロネコヤマト引越し⇒不動産賃貸仲介業⇒ネット回線営業⇒株式会社セブンプラスを設立。 現在の会社での業務として、会計、会社手続き、店舗運営管理、資金繰り等、 会社の攻撃と防御を半々くらいでやってます。      好きな物はお菓子♫
Return Top