Toggle

心構え

共通点の多さに驚愕!この世は「78対22」という宇宙の法則で成り立っている

共通点の多さに驚愕!この世は「78対22」という宇宙の法則で成り立っている

この世は「78対22」という宇宙の法則で成り立っている。

切りよく「7対3の法則」や「8対2の法則」ともいわれ、ビジネスなどにも応用されている。

科学的に「78対22」という黄金比が証明されていたり、この黄金比が統計の中から見つかっているものも多い。

働きアリの1つの集団のうち、まじめに食料を集めているのは78%しかおらず、22%の働きアリはサボっている。サボっている22%を集団から隔離すると、まじめに食料を集めていた働きアリの22%が新たにサボるアリになる。逆に、まじめに食料を集めいていたアリの数を減らすと、サボっていたアリの中から、まじめに働くアリが現れる。常に78%がまじめに働き、22%がサボる状態になる。
22%の存在が不要に思えるものも多いが、この22%が存在することは必要で、アリの例でいうとサボっている22%は、まじめな78%に何かあった時のために力を残しているのである。

人の社会においても同じことで、集団が大きくなれば集団にそぐわない人が現れる。また「成功者」といわれる人の多くが、他の人より多く失敗している。多くの失敗が大きな成功につながっている。
人が気づいていないだけで、まだまだ多くのこの黄金比は存在し、世界のバランスを保っている。この黄金比が崩れ始めると黄金比へ戻ろうとする。黄金比が元に戻らなければ世界は崩壊することになる。

22%のサボりアリを取り除いても、新たな22%のサボりアリが現れる。これを続けていけばその集団は存在できなくなる。
この黄金比を無理に壊そうとするのが「完璧主義者」である。

100%を目指すことが間違っているわけではないが、100%になることはありえない。不要だと感じる22%を取り除こうとすれば、元に戻そうとする力が働くからだ。
それでも無理やりこの黄金比を壊そうとすれば、「黄金比を壊そうとする存在」を壊す力が働く。

100%にならないことへのいら立ちやストレスから、周りからキチガイ扱いされたり疎遠になる。やがては精神が崩壊する。多くの芸術家や発明家の晩年が、変人扱いされていたり、気が狂ってしまっているのはこのためである。

「78対22」という宇宙の法則の不思議な力により、完璧主義者が「完璧」を成すことはできない。完璧を成す前に自分自身が壊されてしまう。

78_tai_22_no_housoku

人間の体は、水分78%、その他22%

円に外接する正方形は、正方形の面積を100とすると、円の面積は78、残りは22になる。

空気中の成分は、窒素約78%、酸素・二酸化炭素等その他の気体が22%。

金を貸したい人が78に対して借りたい人が22の割合でできている。

銀行は、預金を集めてそれを貸し出して利益を得る。預金者の方が多くなければ貸し出すことが出来ない。
この預けた人と借りた人の比率が、「78対22」の関係になり銀行が利益を得る。

100人で1000万円の売上があったら、22%の人が78%の売上をあげています。

コカコーラのビンは、縦と横の比率が78対22

肺呼吸と皮膚呼吸の割合は78対22

腸内の善玉菌が78%に対して、悪玉菌が22%が理想的。

足裏の体重負荷率は78対22

皮膚から出す水分(汗):呼気で出す水分の比も、これまた78対22

地球の海の割合は78%に対して陸地が22%

バランスが崩れると身体が、「病気」という「サイン」を出してこの78対22の割合に直そうとする。

食事を、穀物78%にして、タンパク質を22%にするように心がければ、自浄作用で勝手に戻してくれる

一般人とお金持ちとの比率=78対22

マクドナルドが得意とする、コーヒー0円やハンバーガー100円などの商法は、初代藤田社長が、ユダヤ商人から伝授してもらった
「78対22の法則」の応用編なのだそうです。

人間は78点が満点。 あとの22点は改善点で必要なスペース。
だから完璧主義は間違っているし、必ず失敗するって偉い人が言っていました。

The following two tabs change content below.
髙野陽平
株式会社セブンプラス代表取締役 1980年東京都生まれ。 幼い頃からボーイスカウトと水泳で育ったアウトドア大好き少年は、遊びのアスリートを目指しカメラマン、店舗内装、広告業、WEB制作業を経て、海の家や飲食店などの経営や海外就労を経験。 さらにその後、営業の原点を学ぶべく株式会社光通信を経て、独立願望の強い仲間を率いて株式会社セブンプラスを設立。 趣味は、スキューバダイビング、アウトドア、海外旅行、アイデア発案。 特技は、アクセサリー作り、DIY、プランニング、英会話。
Return Top