Toggle

やるべきこと

起業しよう!!と思ったら、考えるべき3つのこと|パート③

起業しよう!!と思ったら、考えるべき3つのこと|パート③

前回は自分より優秀かつ無給でも働いてくれる仲間について書きました。

今回は【資金】についてです。

基本的に資金は3つの方法で集めることになります。

1、自分の貯金
2、借りる
3、投資

【自分の貯金】
これに関しては特に説明することもないと思いますが、一番基本の部分であり、
お金を借りるときにも関係するので、自己資金は多いに越したことはないです。

【借りる】
方法は大きく分けて2種類あります。

まず、親族、友人、知人に頭を下げて借りる。
一番先にこの方法で集めましょう。

次に、国や銀行に借りる方法です。
国の代表的な機関として、【日本政策金融公庫】です。

基本的に日本政策金融公庫で資金を得て、次に銀行という流れが一般的です。
何故かといいますと、借りやすいとこで最初に借り、
「日本政策金融公庫で融資が降りたのなら少し信用できるかな」
と銀行もなるからです。

銀行から借りる方法が数種類ありますが、ここでは実行しやすい2種類。
1、信用保証協会付融資
2、不動産担保融資

まずお伝えしたいのが、銀行に「お金貸してください!」
と言ってもほぼ不可能です。(どこかの企業の子会社等は別です)

理由としては、起業時は実績がないため、信用がまったくないのです。

「じゃ、なんで銀行から借りるとか書いてるの?」とお考えになったかと思いますが、
【信用保証協会付融資】というのは簡単に説明すると、

銀行「実績が無い企業にはお金貸さないよ」
協会「では、もしお金を貸した企業が倒産したら、代わりに銀行さんへ私が払うよ」
銀行「じゃ貸そうかな」
協会「企業さん、もし倒産したら、代わりに銀行へお金払うからその分はあとで返してね」
企業「ありがとうございます!」

画像で見るとこんな感じですね~
信用保証協会と企業と銀行の関係

次に【不動産担保融資】についてです。
こちらに関しては言葉の通り、お持ちの不動産を担保にお金を借り入れることです。
もちろん、不動産を担保にすれば、
起業序盤から比較的大きな額を借り入れることができると思います。

最後に【投資】についてです。
こちらも上記の銀行と同様ナカナカ難しいですが、返済義務がありません。
ただその分、非常に高い成長を目指し、上場を視野に入れないと話にならない場合が多いです。

そりゃそうですよね 投資家からすればリスクが相当大きいですから。
投資の種類ですが、
1、ベンチャーキャピタル
2、個人投資家(エンジェル)

すごーく長くなるので詳しくは説明しませんので、ご自身でお調べくださいね~

以上になりますが、起業時に参考にしてください。

The following two tabs change content below.
佐藤 光
株式会社セブンプラス取締役 佐藤 光(さとう ひかる)          職歴:クロネコヤマト引越し⇒不動産賃貸仲介業⇒ネット回線営業⇒株式会社セブンプラスを設立。 現在の会社での業務として、会計、会社手続き、店舗運営管理、資金繰り等、 会社の攻撃と防御を半々くらいでやってます。      好きな物はお菓子♫
Return Top