Toggle

準備するもの

新規事業の経営戦略術!立ち上げでは必ずやっておきたい【SWOT分析】

新規事業の経営戦略術!立ち上げでは必ずやっておきたい【SWOT分析】

SWOT分析

自社の「機会」・「脅威」・「強み」・「弱み」の4つの要因を軸に、問題を分析することで
自社の成長戦略を創出するための マーケティングツール です。

企業戦略の立案時などに用いられます。

新規事業の経営戦略など起業するタイミングでは必ずやっておきたい事項 です。

SWOT分析は、外部環境分析 機会脅威 の分析と、内部環境分析強み弱み に分けられます。

外部環境分析とは、企業に直接影響を与えるミクロ環境と間接的な影響を与えるマクロ環境とに分けて
機会脅威 を分析してゆく必要があります。

内部環境分析では、自社の経営資源であるマーケティング、経営陣、財務、研究/開発、購買、製造、経理の分析から
自社の 強み弱みを分析してゆきます。

このような、内部要因と外部要因とを それぞれ軸にした表を作成し分析すること で、
戦略の対処策を立案、実行することが 【 SWOT分析 】 です。

The following two tabs change content below.
髙野陽平
株式会社セブンプラス代表取締役 1980年東京都生まれ。 幼い頃からボーイスカウトと水泳で育ったアウトドア大好き少年は、遊びのアスリートを目指しカメラマン、店舗内装、広告業、WEB制作業を経て、海の家や飲食店などの経営や海外就労を経験。 さらにその後、営業の原点を学ぶべく株式会社光通信を経て、独立願望の強い仲間を率いて株式会社セブンプラスを設立。 趣味は、スキューバダイビング、アウトドア、海外旅行、アイデア発案。 特技は、アクセサリー作り、DIY、プランニング、英会話。
Return Top