Toggle

名言

ランチェスター戦略からNo.1解析!マインドシェアを重要視

ランチェスター戦略からNo.1解析!マインドシェアを重要視

ビジネスで 圧倒的No.1 になるためには・・・

① 他社と違うことをやる 差別化
② とにかく徹底する 一点集中
③ その地域、顧客、商品・サービスで1位になる No.1への執着

これが弱者が強者に勝つための戦い ランチェスター戦略 の原理原則です。

No.1になる方法

◇ 其の1 絞り込み
No.1になるためには、勝ち目のある市場を選び、絞り込む必要があります。
戦う場所を決めることです。
小さなエリア、小さな顧客、小さな商品なんでもいいから No.1を作ること です。

◇ 其の2 弱い相手と戦う
自分より弱い相手と戦うことをランチェスター戦略では、「足下の敵(そっかのてき)」攻撃の原則といいます。
まず勝てる場所を選び、勝てる相手を選ぶことです。
むやみに上位に戦いを挑むのではなく、まず弱い相手に勝つことの方が最終的な勝利を手にする可能性が高くなる、これこそが戦い方、つまり戦略なのです。

◇ 其の3 強みを伸ばす
誰にでも、強みもあれば弱みもあります。
人でも企業でも必ず、例外はありません。
No.1になるためには、弱みにではなく、強みに焦点を当てて、強みを伸ばすことが必要です。
なぜなら、弱みを伸ばすより、強みを伸ばした方が成果が出やすく、No.1になりやすいからです。
しかし、多くの人はどうしても、強みよりも弱みに目がいきがちになります。
その視点を変えて、強みに一点集中することこそがNo.1への近道なのです。

No.1への近道は、人に覚えてもらえる存在になることです。


あの商品ならあの会社と覚えてもらえているかどうか。

人の心の中の市場占有率 ( マインドシェア ) が、1位である企業や商品になると圧倒的に強くなります。
あなたの会社も「~といえば」あの会社だね、になる必要があります。

ある市場でNo.1になれば、そういわれるようになり、世の中に選ばれてゆくのです。

それこそが ランチェスター戦略 なのです。

 

The following two tabs change content below.
髙野陽平
株式会社セブンプラス代表取締役 1980年東京都生まれ。 幼い頃からボーイスカウトと水泳で育ったアウトドア大好き少年は、遊びのアスリートを目指しカメラマン、店舗内装、広告業、WEB制作業を経て、海の家や飲食店などの経営や海外就労を経験。 さらにその後、営業の原点を学ぶべく株式会社光通信を経て、独立願望の強い仲間を率いて株式会社セブンプラスを設立。 趣味は、スキューバダイビング、アウトドア、海外旅行、アイデア発案。 特技は、アクセサリー作り、DIY、プランニング、英会話。
Return Top