Toggle

名言

幕末の風雲児 坂本龍馬の名言は会社経営に役立つことばかり

幕末の風雲児 坂本龍馬の名言は会社経営に役立つことばかり

幕末の風雲児、坂本龍馬 ( 坂本竜馬 )

土佐藩郷士として生まれ、剣術家・政治家・実業家としてさまざまな才能を発揮し、日本中を駆け巡り大政奉還の成立に尽力した。

当時としては、奇才ともいうべき 龍馬の名言を紹介します。

『 仕事というものは、全部をやってはいけない。 八分まででいい。 』
『 八分までが困難の道である。 あとの二分は誰でも出来る。 』
『 その二分を人にやらせて完成の功を譲ってしまう。 』
『 それでなければ大事業というものはできない。 』

『 人の世に道は一つということはない。 道は百も千も万もある。 』 ( 坂本龍馬 )

日本を支えた 偉人たちの言葉 を重んじて心に響かせ、経営や起業に役立てましょう!

The following two tabs change content below.
髙野陽平
株式会社セブンプラス代表取締役 1980年東京都生まれ。 幼い頃からボーイスカウトと水泳で育ったアウトドア大好き少年は、遊びのアスリートを目指しカメラマン、店舗内装、広告業、WEB制作業を経て、海の家や飲食店などの経営や海外就労を経験。 さらにその後、営業の原点を学ぶべく株式会社光通信を経て、独立願望の強い仲間を率いて株式会社セブンプラスを設立。 趣味は、スキューバダイビング、アウトドア、海外旅行、アイデア発案。 特技は、アクセサリー作り、DIY、プランニング、英会話。
Return Top