Toggle

準備するもの

より効率の良いビジネス哲学を形成する 【 時代の考え方 】

より効率の良いビジネス哲学を形成する 【 時代の考え方 】


良い仕事を持つことは、もはや若い人の間でお金を稼ぐの好ましい方法ではありません。

なぜでしょうか?

それは会社を起業し経営したほうがより魅力的で効率がいいからです!

そのプロセスはこうです。

1. 人気が、まだ完璧ではない製品(またはアイデア)を見つけます。
2. 購入し、詳細にそれを学びます。
3. それを改善する方法を見つけ出します。
4. プロトタイプを作ります。
5. 100人にプロトタイプを表示しテストします。
6. 人々は予約注文をして喜んでであるまでそれをリメイク。(キックスターターの例)
7. あなたとそれを構築することができる共同創業者を探します。
8. 株式を分割する - あなたの共同創設者の50%を与えるが、そのシェアは、彼らが会社に取り組む長く、より価値となるように、権利確定の合意を使用します。
9. 投資家を探します。
10. 信用できるパートナー(家族・恋人)に会社の10%を与えます。
11. 製品を作ります。
12. 1万人にあなたの製品を販売します。
13. VCより多くのお金を取得します。
14. 株式交換にあなたの会社を一覧表示。
15. 証券取引所にリストアップする際の株式の多くを販売。
16. クーリングオフ期間(約6ヶ月)を待って、収益を得ます。

経験値は自ら作り上げるもので、その手助けは誰もしてくれません!

誰もが初めて起業するとき、未経験の状態でスタートします。 その為にできる 最大限の準備 をしましょう!

The following two tabs change content below.
髙野陽平
株式会社セブンプラス代表取締役 1980年東京都生まれ。 幼い頃からボーイスカウトと水泳で育ったアウトドア大好き少年は、遊びのアスリートを目指しカメラマン、店舗内装、広告業、WEB制作業を経て、海の家や飲食店などの経営や海外就労を経験。 さらにその後、営業の原点を学ぶべく株式会社光通信を経て、独立願望の強い仲間を率いて株式会社セブンプラスを設立。 趣味は、スキューバダイビング、アウトドア、海外旅行、アイデア発案。 特技は、アクセサリー作り、DIY、プランニング、英会話。
Return Top